欠陥住宅が心配な方へ

ホームインスペクションをご存じですか?

ホームインスペクションとは、例えると「住宅の健康診断」です。

住宅に精通した専門家であるホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者の立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、アドバイスを行う業務をいいます。

住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行うことで、建物の状態を把握でき、安心して取引を行うことができます。

診断の方法は、目視で屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。

調査項目の一例

外壁や基礎を調査。ひび割れは雨水が浸入する原因となり、建物の寿命が低下します。

床や壁の傾斜を測定。家の傾きを調査します。

屋根裏を調査。主に雨漏りの有無を確認を確認します。

床下を調査。配管の水漏れやシロアリの有無などを確認します。

床下で木の水分量を計測している様子。水分が多いと、腐れやシロアリの原因となります。

不具合事例

築9年の建物を調査した事例。床下で大引きの割れを確認したため、建築会社に依頼し、補強工事を行いました。

購入前の新築住宅を調査した事例。雨どいの脱落を確認しました。

築1年の建物を調査した事例。床下で断熱材の脱落を確認したため、売主へ連絡し補修を行いました。

築1年の建物を調査した事例。床下で広範囲にカビを確認したため、売主へ連絡し除去作業を行いました。

料 金

項 目料 金
基本調査5万円+消費税
オプション(屋根裏・床下調査)3万円+消費税

お問い合わせ

© 2016 EDGE Co.,Ltd.